借地権割合

 - 

借地権とは土地の所有者から土地を利用する権利だけを譲ってもらう権利のことですが、借地権割合とは、土地の権利が借地権の場合に、更地の磁化に対する借地権価格の割合のことをいいます。つまり、土地の値段に対してどれくらいが借地権に相当するのかという数値だということになります。なので、地価の高い地域では、借地権割合は高くなり、地価の低い地域では借地権割合は低くなるということになります。

借地権割合は、目安として、商業地では8~9割、住宅地では6~7割程度のことが多いです。借地権は相続の対象にもなるので、相続をする際にもこの借地権割合が関係してきます。つまり、相続の際に発生する金額に借地権割合をかけて評価することになります。なので、借地権は立派な財産ということになるのです。

財産相続となるので、借地権のみでの相続はできないということになります
それは、相続税に加えての申告となるので、ややこしい手続きは必要となります。では、名義だけを変更する場合は価格が発生するのでしょうか。もちろん、名義を換えると所得税や住民税を支払わなくてはなりません。しかし、借地権の貸借には贈与税がかからないことになっています。なので、どのようにしたら一番節約になるのかは人それぞれということになります。


借地権の価格

 - 

借地権には価格が生じます。なぜ、借地権には値段が生じるのでしょうか。不動産鑑定評価基準では、借地権の価格は、「借地法に基づき土地を使用収益にすることにより、経済的利益を貨幣額で表示したものである」と定められています。それでは、借地人に帰属する経済的利益とはどのようなものなのでしょうか。

土地を借りることは、もともとは地主に課してもらったものですから、借地人の借地権は強く保護されてきました。地価と同じように、生存権も保護されなくてはなりません。借地権の基礎となる土地の価格は、それぞれの基礎となる価格があります。さらに、借地権価格は契約の目的が木造建物の所有を目的にするのか、それともちがう建物の所有を目的にするのかで借地権価格は異なるのです。

借地権の価格発生には、根底に地域に借地権慣行があることが必要です。たとえば、借地権があっても地域に借地権慣行がない場合には借地権価格が発生していないことになるのです。なので、地域の借地権取引の実態の把握、契約内容を十分に調べなければ適正な借地権価格は求められないということになります。このことは、世間ではあまり知られていない情報ですのでしっかりと準備したほうがよいでしょう。


借地権とは

 - 

借地権と聞いてどんな権利かわかる人は少ないと思います。借地とは、他人の土地を建物の賞をすることも目的に借りることです。土地を借りれば、すべてに借地権としての権利があるかの判定は難しいです。つまり、他人の土地を建物の建設のために代金を支払って借りることを借地権と言います。なので、ゴルフ場などのために借地している場合は借地権に含まれません。

借地権とは建物の所有を目的とする利用権のことであり、月極め駐車場のような建物がない場合、借地権は発生しません。借地権の種類は様々あり、普通借地権や定期借地権などがあります。普通借地権と定期借地権の違いはいろいろありますが、共通点とすれば、両社とも建物を所有する目的での借地権です。

借地権の発生条件は、賃貸借契約を締結していることや、固定資産税、都市計画税以上の地代を払っているなどがあげられます。なので、他人の土地に無償で借りの建物を建てる場合などには、借地権は発生しないということになります。さらに、借地権を売る場合には地主の承諾が必要となります。この場合には、承諾料を支払うのが一般的です。地主が承諾しなかった場合には裁判所の地主の承諾に代わる許可を得ることもできます。

参照ページ【http://www.syakuchi-soudan.com/syakuchiken.html


借地権に関する知識

 - 

借地権と耳にしても、すぐに理解できる方とそうではない方に大きく分かれるのではないでしょうか。これは他人の土地を借り、そこに建物を建てる際に関連してくるものです。当サイトではこの借地権に関する情報を紹介しています。

借地権は簡単に述べると、建物を所有することを目的とした場合の利用権の事をいいます。どのような土地であってもこの権利が発生するのかといえばそうではありません。例としては月極駐車場があげられます。この土地にも借地権が存在するようにも思えるかもしれませんが、建築物がないために借地権が発生していないのです。また、この管理には普通、定期など別の種類が存在し、それぞれでやや特徴が異なります。

次に、借地権に関する価格についてです。この価格は借地法に基づいて算出されているものですが、これは賃貸の際、土地を実際に貸し出したり、あるいは売却したりする際などに関係してくるため、土地を所有していたり、これから借りて建築物を建てたいと考えている場合だったりする場合には、価格については詳しく知っておく必要があります。また、借地権には割合が存在し、これは土地の値段に対してどれくらいの権利があるのかという事を示しているなどの意味があります。こちらもまた、取引の際、相続の際などに必要になってくるため、こちらも知識として覚えておきたいものといえるでしょう。当サイトではこれらのように、借地権に関する情報を紹介しているので、興味がある方は一度、チェックされてみてはいかがでしょう。