Home 未分類 • 借地権割合

借地権割合

 - 

借地権とは土地の所有者から土地を利用する権利だけを譲ってもらう権利のことですが、借地権割合とは、土地の権利が借地権の場合に、更地の磁化に対する借地権価格の割合のことをいいます。つまり、土地の値段に対してどれくらいが借地権に相当するのかという数値だということになります。なので、地価の高い地域では、借地権割合は高くなり、地価の低い地域では借地権割合は低くなるということになります。

借地権割合は、目安として、商業地では8~9割、住宅地では6~7割程度のことが多いです。借地権は相続の対象にもなるので、相続をする際にもこの借地権割合が関係してきます。つまり、相続の際に発生する金額に借地権割合をかけて評価することになります。なので、借地権は立派な財産ということになるのです。

財産相続となるので、借地権のみでの相続はできないということになります
それは、相続税に加えての申告となるので、ややこしい手続きは必要となります。では、名義だけを変更する場合は価格が発生するのでしょうか。もちろん、名義を換えると所得税や住民税を支払わなくてはなりません。しかし、借地権の貸借には贈与税がかからないことになっています。なので、どのようにしたら一番節約になるのかは人それぞれということになります。

Author:管理人